簡単解説!スロットマシンのしくみ

国際ギャンブルコミュニティが公開している公式データから、スロットマシンはクラシックなカジノゲームの中で最も人気の高いゲームであることがわかります。当記事の読者の方が世界のどこにお住まいでも、スロットマシンのルールはおそらく大方ご存じでしょう。実際のところスロットマシンのルールは非常に単純で、大抵はレバーを引くかボタンを押すだけでプレイできます。

しかし、実のところスロットマシンの構造はどれだけ複雑なものなのでしょうか?なにかパターンなどはあるのでしょうか?当記事では、こういった疑問への答えや、興味深い事実をご紹介しています。ぜひお読みください! 

VLTとスロットマシン 

VLT(バーチャル・ロト・ターミナル)とスロットマシンは、名前は違うものの実際にはほとんど同じものです。どちらもボタンを押すかレバーを引いてゲームを始め、結果はほとんど運次第です。唯一の違いはVLTの方が若干複雑で、規模の大きいカジノに設置されていることが多いという点です。 

乱数発生器(RNG) 

VLTもスロットマシンも、乱数発生器(RNG)と呼ばれるものがベースになっています。これは、1プレイごとの結果を決定する小さなコンピューターです。基本的には結果を予測するのは不可能ですが、他のあらゆるギャンブルゲームと同じく、負ければ負けるほど勝てる確率は上がっていきます。つまり、長い間大当たりが出ていないマシンを選ぶべきなのです。スロットで運試しをするなら、誰かが所持金を使い果たして去っていった台を選びましょう。 

還元率(RTP) 

スロットゲームには還元率(RTP)というものが設定されています。この数字は、賭け金に対してどれだけの金額が戻ってくるかを表します。人気のスロットゲームを開発している有名企業は、この数値を公開しています。大半はインターネットで検索すれば見つかります。平均的なRTPは90~99%の間です。ゲームをプレイする前はしっかりとリサーチをして、内容をできるだけ把握しておきましょう。ゲームについての知識は多ければ多いほど、勝てる可能性も高まります。